大前光市(ダンサー)義足で魅了のパラリンピック!公演などwiki【ブレイクスルー】

スポンサーリンク

こんにちは!

マダム・アフロです。

今日は3/26午後8時より放送の

NHK「ブレイクスルーFile.92」より

義足のダンサー

大前光市さんです。

自らを

「かかしのダンサー」として

ハンディキャップを活かした

独自の創作ダンスで

魅了されています。

義足になった経緯や

その後、再起されるまで

そしてこれからの公演について

調べてみました。

それでは一緒に

見ていきましょう!

目次

  1. 大前光市さんが義足のダンサーになるまでをwiki風に
  2. 大前光市さんがパラリンピックで魅せたバク転
  3. 大前光市さんの最新公演情報

プロフィール

出典:静岡新聞asten

大前光市

生年月日:1979年9月27日

出身地:岐阜県下呂市

最終学歴:大阪芸術大学

職業:プロダンサー

スポンサーリンク

1.大前光市さんが義足のダンサーになるまでをwiki風に

大前光市さんは

1979年生まれの38才。

中学時代に演劇で主役を

務めたのがきっかけで

舞台に興味を持ったそうです。

高校在学中にダンスを志し、

アルバイトで費用を賄いつつ

ダンス教室へ通った苦労人でもあります。

その後、バレエ専攻で

大阪芸術大学を卒業。

しかし、国内有数の

ダンスカンパニー「Noism」への

入団最終選考の直前に

悲劇は起きました。

飲酒運転の車に

後ろからはねられ、

左足の膝から下を失うことに。

しかし大前光市さんの

凄いところは、

事故の4か月後から

ダンスの練習を再開したこと。

そして、最終選考までいった

ダンスカンパニーに再挑戦するも

3年連続で落選。

代表からも

プロにはなれない、と

宣告されます。

もうね、

この段階で

普通の人間なら

夢をあきらめます。

しかし

大前光市さんの凄いところは

「それなら健常者の動きではなく

自分ならではの動きを追求しよう」

様々な形状の義足で

試行錯誤を繰り返し

最善のパフォーマンスを

模索し続けたことです。

そして事故から6年、

通常の義足より

5cmほど短い義足

たどり着きました。

一番自然な動きのダンスが

出来るというこの義足で

その後、

「かかしのダンサー」として

独自の創作ダンスで

私たちを楽しませてくれています。

スポンサーリンク

2.大前光市さんがパラリンピックで魅せた

大前光市さんが

注目を浴びたのは

リオデジャネイロ・

パラリンピックの

閉会式

東京への引き継ぎセレモニーで

ダンスを演たその中で

「4回連続バク転」という

超人的大技を披露したことです。

「そもそもバク転を始めたとき、片脚でできるわけがないという人がほとんどでした。でもひょっとしたらできるかもしれない、とにかく続けようと続けていたら、形になってきて、自分の道が見えてきたんです」朝日新聞デジタルより

不屈の精神でたどり着いた

この世でただひとつの演技は

たくさんの人々の胸を打ちました。

そこから、

知名度は一気に上がり

昨年の紅白歌合戦では

平井堅さんとのコラボ

展開されています。

3.大前光市さんの最新公演情報

今回の

「ブレイクスルー」でも

取り上げていますが、

大前光市さんは

ラスベガスの

「Jabbawockeez(ジャバウォーキーズ)」

という

アメリカ屈指の人気ダンスチームから

声がかかり、コラボされています。

この、ジャバウォーキーズとは

全員覆面のダンスチーム。

差別をなくし、

純粋にダンスを楽しむことを

目的としています。

詳しくはこちらの記事で!

ジャバウォーキーズ(Jabbawockeez)のマスクダンス・音楽がCOOL!!メンバーは?

この3月に競演し、

その挑戦の模様が

放送される予定です。

楽しみですね(*^^*)

また、大前光市さんは現在、

実験的アーティスト集団

Alphact(アルファクト)

ダンサーとして属されています。

「楽しめるアート」

「融合」「実験」をテーマに、

ダンスや芝居、ライブイベントなど

様々なパフォーマンスを

展開している

今、注目のユニットです。

今度、2018年9月29日~30日、

近鉄アート館にて

全3公演(チケット2000円)

される模様です。

今ならなんと

そこに出演するダンサーや

楽曲提供者を募集中!(~3/31)

今なら内側から大前光市さんを

拝見できるチャンス!?

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

ただひたすら

「踊りたい」という気持ちに導かれ、

幾多の苦難を乗り越え

自分だけのダンスを確立された

大前光市さん。

困難にぶつかったときの柔軟性

あきらめない気持ちの大切さ

その生き方から

教えて頂きました。

これからの活躍に

益々期待したいですね。

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする