大島忠智(IDEE(イデー)バイヤー)がせかほしでスウェーデンへ!エリック・ホグランなど北欧ビンテージ家具を発掘!!

スポンサーリンク

こんにちは!

マダム・アフロです。

今日は2018.5.10 NHK総合で

22:45から放送の

【世界はほしいモノにあふれている】より、

IDEEのバイヤー・大島忠智さんを

ご紹介したいと思います♪(・∀・)

「世界はほしいモノにあふれている」に関しては

こちらでも書いています。

NHK【世界はほしいモノに・・(せかほし)】に三浦春馬&JUJU!成城バイヤーのドイツチョコ!!

良ければ一緒に見てくださいね(⌒▽⌒)/

プロフィール

出典:Pen

大島忠智(おおしま・ただとも)

出身地:宮崎県宮崎市

現住所:東京都世田谷区

出身校:慶應義塾大学環境情報学部

スポンサーリンク
目次

  1. IDEE(イデー)バイヤー・大島忠智とは?
  2. 大島忠智が買い付けした商品が買えるIDEE(イデー)とは?
  3. 大島忠智がスウェーデンへ!エリック・ホグラン含む北欧ビンテージ家具を発掘!!

1.IDEE(イデー)バイヤー・大島忠智とは?

大島忠智さんの生年月日は

分かりませんでしたが

宮崎県出身で今は東京におられるようです。

とはいえ年に2~3回は

買い付けのために海外を回る日々。

それほど東京の自宅で

ゆっくりされている時間は

ないのかもしれません。

とはいえ、そこはさすが凄腕バイヤー。

自宅はこだわりの逸品に囲まれた

ハイセンスなインテリアに目が奪われます。

以下は大島さんの私物とか…

出典:lifelabel

フランスのVANSKA(ヴァンシュカ)の

ウォールデコールや

出典:lifelabel

フィンランドの家具デザイナー、

Alvar Aalto(アルヴァ・アアルト)のヴィンテージ家具。

…生活感が感じられませんな(゜Д゜;)

ショールーム・モデルルームみたいですね~!

結婚されているかどうかも

分かりませんでしたが、

少なくとも

猫は飼っていないな!(きっぱり)

とアフロ推測いたします。。

大島さんの活動範囲は多岐に渡っており

普段はIDEEのバイヤーとして

商品の買い付けやオリジナル開発をされていますが、

他にもイベントの企画や、

インタビューWEBマガジン

「LIFECYCLING」の企画運営。

さらには本人曰く「趣味の延長」で

「IDEE Records」という音楽レーベルを主宰。

CDのプロデュース、DJ、執筆活動などを

行っておられるそうです。

本当に多才な方です(゜Д゜;)

色んな場所で、

色んなモノや人との出会いを楽しむ

大島忠智さんの生き方は、

その買い付けセンスにも反映され

その結果、素敵な品物との一期一会が

実現しているのかもしれませんね!

スポンサーリンク

2.大島忠智が買い付けした商品が買えるIDEE(イデー)とは?

IDEE(イデー)はソファやチェアなど

オリジナルデザインの家具を中心とした

日本初のグローバルブランドです。

その母体となったのは

1975年10月に設立された

黒崎貿易株式会社。

ここではロンドンより

西洋アンティーク品の数々を

輸入販売していました。

創業者・黒崎輝男氏が名づけた

ブランド名「IDEE」とは

フランス語で「理念」を意味するとのこと。

また、哲学用語の

「イデア(理想形)」にも

かかっているという素敵な名前です。

1983年に六本木のアクシスビルで

オリジナル家具シリーズを発表して以来、

現代生活にあったシンプル&新しい造形、

「ありそうで、なかった」家具を

世に送り出しています。

コンセプトは以下のようになっています。

「生活の探求、美意識のある暮らし」

夥しい「もの」と情報が溢れるなか、

たくさんの選択肢から何を選びとり、

それらをどう組み合わせるか?

今を生きる私たちにとって、

「もの」とどう付き合っていくかは

大切なテーマです。

(中略)

「これがたまらない」、「何か愛おしい」。

理屈を超えて「私」を捉える何かが

日常を彩るとき、

人生はもっと豊かで愉しくなるはずです。

イデーが目指すのは、

その人らしい彩りを纏った

自由で遊び心のある暮らし。

丁寧に、ユーモアを持ってつくりあげたイデーの家具が、

暮らしのなかで特別な存在となり、

豊かな時間を紡ぎだすことを願っていいます。

出典:IDEE

素敵ですね~(*^_^*)

ひとつひとつの選択が

人生を彩ります。

自分の人生に色彩を与えてくれる

IDEEのような個性的かつ

人に寄り添ったアイテムに囲まれて

毎日の生活を送ることは

至福の時間だと思います。

スポンサーリンク

3.大島忠智がスウェーデンへ!エリック・ホグラン含む北欧ビンテージ家具を発掘!!

そんな大島忠智さんが

「世界はほしいモノにあふれている」で

今回向かうのは

北欧グッズの本拠地・スウェーデン!!

大人気の北欧ビンテージ家具や雑貨などの

お宝インテリアをハンティングしてきます。

北欧と言えば

木の温もりが匂い立つ一点ものの木製家具や

出典:IDEE

めったにお目にかかれないという

超レアもののガラス雑貨が見物です。

それがコレかなぁ?とアフロはこっそり思ったり。。

出典:IDEE

エリック・ホグランの燭台!!

エリック・ホグランは1932年生まれの

ガラスアーティスト。

ストックホルムの

Konstfack(現国立芸術工芸デザイン大学)で

彫刻を学んだあと、

1953年から1973年まで

BODA社でデザイナーとして活躍。

当時としては珍しい

人間や動物のモチーフや、

ガラスの歪み・気泡を表現に取り入れた

大胆でプリミティブな作品を残しています。

1957年には北欧デザインの最高峰

LUNNING(ルニング)賞を

史上最年少の25才で受賞。

1998年に亡くなった後も

彼の作品はヴィンテージガラスとして

愛好者たちを魅了・熱狂させ、

その人気は衰えるところを知りません。

そんな貴重な一品を見つけた

大島忠智さんの顔に

笑みがこぼれます(*^_^*)

なんだろう?

人が恋に落ちる瞬間をのぞき見たような?

遠く異国の地での出会いに

心ときめかせる大友忠智さんと、

スウェーデンの街並みに

ほんわかした気持ちにひたりながら

木曜の午後、頑張った自分をねぎらう

素敵な時間を過ごしたいですね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回のIDEE(イデー)バイヤーの大島忠智さん。

プライベートも素敵な方でしたね(*^_^*)

そして、大友さんがいる

「IDEE」というレーベルも格好良かったです。

「ひとつのものにこだわりを持って使う」

というのは、

「自分の生き方を選択する」

にも繫がる大切なコンセプトだと思いました。

アフロもムッシュによく

「安物買いの銭失い」と窘められます。

しかし、まぁ、家庭の予算というのもあります(ーー;)

とびっきりお金を使って良いモノを買う、

というのではなく、

自分が生きていく中で必要なモノを

きちんと自分で選択できる人生を送りたいな、と。

今回の記事を書きながら考えた

アフロでした(*^_^*)

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 山本 妙子 より:

    IDEEバイヤー 大島さんの記事ですが、所々「大友」になってますよ〜

    しかもプロフィールの部分まで
    名前は間違えちゃ失礼ですよ
    アップする前にちゃんとチェックしましょうね。
    せっかくの記事が、残念な感じになって勿体ないですもの。

    • Madam-Afro より:

      山本さま
      コメントとご指摘に感謝です!
      本当ですね・・
      恥ずかしい!!(;´Д`)
      以降、気をつけて執筆にあたりたいと思います。
      助かりました。
      ありがとうございます!