荒木優花・グリル佐久良シェフがセブンルールに!メニュー価格や場所、評判は?

スポンサーリンク

こんにちは。

マダム・アフロよ。

老舗の定食屋さんって

どうしてこう人の心を

くすぐるのかしら?

関西でいうと大阪の「明治軒」

イメージするわね。

あの独特の雰囲気と

懐かしい昭和の香りがする店内、

そしてホッとするメニューの数々が

疲れた社会人の胃と心を

安らげてくれるわね(*’ω’*)

今回ご紹介するのは

浅草で創業51年という

老舗「グリル佐久良」

暖簾を背負って頑張る女性

荒木優花(あらき・ゆか)さん。

22才という若さで

大きな看板を受け継ぎ

日々精進する荒木さんが

「セブンルール」に登場!

そんな彼女のプロフィールや

「グリル佐久良」について

調べてみたので

良かったら一緒に見ていってね♪

プロフィール

出典:セブンルール

荒木優花(あらき・ゆうか)

生年月日:1988年(月日不明)

出身地:東京都

スポンサーリンク
目次

  1. グリル佐久良シェフ荒木優花・プロフィール
  2. 荒木優花のグリル佐久良のメニューや価格は?
  3. 荒木優花のグリル佐久良の場所、評判は?

1.グリル佐久良シェフ荒木優花・プロフィール

東京・浅草の観音裏裏の住宅街にある

「グリル佐久良」は、

昭和42年(1967年)創業の

老舗洋食料理店。

もとは、優花さんのおじいさまである

正和さんがシェフをされており、

おばあさまの幸枝さんと共に営むこのお店は

「食彩の王国」「Nステ」など

数々のメディアに取り上げられる

洋食の名店だったみたい。

荒木優花さんにとっては

小さいころから我が庭・遊び場同然に

慣れ親しんできた「グリル佐久良」。

高校を卒業した荒木優花さんは

おじいさまに弟子入りして、

その技や精神を受け継ごうとされていたのね。

ところが5年後の

2015年8月、おじいさまがお亡くなりに。

荒木優花さんは22才という若さで

この洋食屋の大きな看板を背負うことに!(゚Д゚;)

見ていると、先代のおじいさまの頃からの

ファンがたくさんおられるのね。

二代目って、一代目が大きければ大きいほど

厳しい評価や目線で見られることが多いけど、

荒木優花さんがキッチンを切り盛りする

「グリル佐久良」に至っては

先代の味がまた食べられる!と大好評の様子。

おばあさまと、両親と共に、

先代が築いてきた実績と味を守りつつ

がむしゃらに頑張ってこられた

荒木優花さんの「セブンルール」…

いったいどんなものなのか、

気になるところね!

スポンサーリンク

2.荒木優花のグリル佐久良のメニューや価格は?

さて、気になるのが

「グリル佐久良」のメニューや価格!

代表的なものを以下にご紹介するわね。

ビーフシチュー 2400円

ミックスグリル 2800円

グリルチキン 1700円

ハンバーグ 1550円

カニクリームコロッケ 1800円

ミックスフライ 2200円

アスパラサラダ 1200円

パンプキンのスープ 850円

ハヤシライス 1700円

チキンライス 1000円

ニンニクライス 600円

ライス 300円

厚切りトースト 300円

カツサンド(お土産折り) 1550円

おっと、ちょっとお値段的には

高い印象ね!?(;・∀・)

でも、その価値はあるとのこと!

とてもボリュームがあって

肉・また肉のオンパレード!

なおかつ、お味が

旨味&バランスが最高!!との声多数!

お肉は、ナイフを入れれば肉汁があふれ

口の中に入れればとろける肉の甘さに

メロメロになってしまうとのこと。

【ミックスグリル】

出典:No Second Life

【カニクリームコロッケ】

出典:食べログ

【ビーフシチュー】

出典:Retty

…テロだ。

食テロだ…っ!!(゚Д゚;)

色んな場所で、絶賛されている

「ビーフシチュー」だけど、

「シチューはメディアには出したくない」

とは、優花さんのお母さん談。

シチューは1日、2日で仕込めるものではないため、

注文が集中して品切れになったときの

対応ができないから…とのこと。

また創業当初からのデミグラスソースを

注ぎ足して使い、おじいさまの味を

かたくなに守り続けている荒木優花さん。

利益よりも純粋に「美味しさ」を追及する

「グリル佐久良」の職人魂が垣間見えるわね。

スポンサーリンク

3.荒木優花のグリル佐久良の場所、評判は?

出典:食べログ

そんな創業から受け継がれた味を

大切に紡いでいる荒木優花さんの

「グリル佐久良」のショップ情報はコチラ!

グリル佐久良(さくら)

住所:東京都台東区浅草3-32-4

営業日:月・水~金・土・日

営業時間:ランチ11:30~14:00、ディナー17:00~20:30

定休日:火曜日と第2・第4水曜日(祝日は営業・要確認)

アクセス:つくばエクスプレス・浅草駅から徒歩7分

東京メトロ銀座線・浅草駅から徒歩8分

東京メトロ銀座線・田原町駅から徒歩13分

電話:03-3873-8520

店内はカウンター席8席と

テーブル席8席のこじんまりした空間。

しかし、大人気店の「グリル佐久良」、

連日行列ができるほどの繁盛ぶりだとか。

それでも、中を切り盛りする

78才のおばあさまや、お母さまの

お客さんに対する気配り・心配りが秀逸で、

こまめに声をかけて下さり、

待ち時間も苦ではなかった…

という話もあるから、

本当にホスピタリティあふれる

洋食屋さんね(*’ω’*)

おじいさまの味を忠実に再現する

シェフ・荒木優花さんと、

おばあさまやお母さまとの

最強タッグのもと営業されている

「グリル佐久良」の評判は

めちゃくちゃ良かったわー!

懐かしくもどっしりとした味と

他の追随を許さない圧倒的ボリューム。

先代の頃からのファンが多い

「グリル佐久良」は、

先代の味の復活を喜ぶ人の声が

多数あって、

本当に地元の人に愛され続けてきた

洋食屋さんだったのね~、と

しみじみと感じることができるわ。

昭和・平成が終わり、

新しい時代へと移行する中、

いつもそこに行けば同じ味があるっていうのは

心の拠り所にもなるのかも。

荒木ファミリーの人柄もあって

これから益々繁盛していきそうな

「グリル佐久良」。

きっと、おじいさまも天国から安心して

見守っておられることでしょうね(´;ω;`)

まとめ

いかがだったかしら?

昭和から続く老舗洋食店のおじいさまの味を

22才という若さで受け継ぎ、

ご家族と共に頑張っておられる

若きシェフ・荒木優花さん。

その伝統の味と圧巻のボリュームはモチロン、

「グリル佐久良」独特の

空間の居心地の良さが印象的だったわね~。

これもひとえに荒木優花さんの実直な

人柄のなせる技かしら?

素敵な人の作る料理は

心と体、両方の滋養になるもの…。

先代から愛された「グリル佐久良」は

これからもたくさんの人に愛されながら

美味しい料理を提供してくれそう!

浅草に行ったら是非行ってみたいお店が

またひとつ増えてしまったアフロよ(*’ω’*)

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする