浜田桂子(絵本作家)プロフィール!日中韓平和絵本シリーズ「へいわってどんなこと?」感想も

こんにちは。

マダム・アフロよ。

アメリカとイランの不穏なニュース。。

それを不安げに眺める子どもたちに

どうやったら明るい未来を

手渡していくことができるか…

多くの親がそんなことを

考えたんじゃないかしら?

そんな時、アフロが思い出したのが

絵本を通じた平和活動をされている

絵本作家・浜田桂子さん。

浜田さんは、日中韓の絵本作家が

平和をテーマに一人1冊ずつ作るという

画期的なプロジェクトを計画し、

呼びかけた発起人のお一人。

「国境を越えた絵本の可能性」

体現される素敵な絵本作家・

浜田桂子さんについて今回は調べてみたので

良かったら一緒に見ていってねー♪

出典:Amazon

スポンサーリンク

1.浜田桂子(絵本作家)プロフィール

浜田桂子さんは埼玉県川口市生まれ。

詳しい生年月日は分からなかったけど、

1947年生まれということで

今年73才になられるようね。

桑沢デザイン研究所卒業された

浜田桂子さんは、その後

田中一光デザイン室に勤務。

子どもの本に関わる仕事を

されるようになったとのこと。

1970年代には田島征三さんが主宰する

ベトナム反戦野外展に参加。

田島征三さんも絵本作家で美術家なのね。

ちなみにアフロの息子は

田島征三さんの迫力の絵本

「とべバッタ」が大好きで

ずいぶんとお世話になったわー♪(*‘∀‘)

出典:Amazon

そんな田島征三さんの影響もあってか

1984年には福音館書店から絵本

「あやちゃんのうまれたひ」を出版し

絵本作家としてデビュー。

出典:Amazon

その後も、

「あそぼうあそぼうおとうさん」(福音館)

出典:Amazon

「てとてとてとて」

出典:Amazon

「ぼくがあかちゃんだったとき」

「ぼくのかわいくないいもうと」

など数々の名作を出しておられるわ!

今は後述する

平和絵本シリーズを中心に

中国、韓国、北朝鮮、メキシコ、

キューバなどで

子どもたちと一緒に

絵本を読んでおられるそう。

口だけでなく自らの命全体と

絵本というツールを使って

子どもたちに「平和」を伝える

かけがえのない活動ねー!(*’ω’*)

スポンサーリンク

2.浜田桂子(絵本作家)の夫や子どもは?

そんな素敵な絵本作家・浜田桂子さん。

ご家族はどんな方かしら?

調べてみたけれど詳しいことは

公開されていなかったのね…残念。

ただ、ご結婚はされて

お子さまも2人おられるみたい。

作品にあふれる子どもに対する

あたたかな眼差しはきっと、

そんな私生活の中から

滲み出ているものじゃないかしら?

お子さまはもう大きくなり

立派に成人されているようだけど、

小さい頃には浜田さんにきっと

たくさんの本を読んでもらった

ことでしょうねー(*^^*)

だけど浜田桂子さんが、

小さい我が子に当時のいわゆる

「平和絵本」と呼ばれるものを

読み聞かせしたとき、

下のお子さんは

「こわくて好きじゃない」

上のお子さんは

「ぼく、昔の子どもじゃなくて

よかった。」

と言われたとのこと。

確かにねー、アフロたち

アラフォー世代にとって

「平和絵本」というと、

圧倒的な暗さと重さに

押し潰されるイメージが

あるわねー( ̄▽ ̄;)

個人的には初めて触れた

「ちいちゃんのかげおくり」

漫画の「風が吹くとき」なんかも

今も結構トラウマレベルで

残っているし…(^_^;)

「戦争は怖くて恐ろしい」

それも大事なことなんだけど、

浜田桂子さんは

「平和」であることの素晴らしさ、

生きる喜びを伝えることが、

本当に必要なことではないか…

考えられたよう。

それが次にご紹介する

今の活動に繋がっているのね。

絵本作家・浜田桂子さんの日中韓絵本シリーズ

…幻の一冊「花ばあば」発売秘話やあらすじ・感想は

次のページに進みます!