山田定幸(プロボクサー)の彼女や実績をwikiに!年収(収入)と所属ジムが気になる!【U-29】

スポンサーリンク

こんにちは!

マダム・アフロです。

29才以下の若者の

人生の選択を追った

ドキュメント番組

「人生デザインU−29」が

3/27最終回を迎えるようです。

(放送時間は23時00分~23時25分)

残念です(T-T)

今回は、その最終回で取り上げられる

プロボクサー・山田定幸さんについて

調べてみました。

スポンサーリンク

目次

  1. 山田定幸さん、彼女はいるの?
  2. 山田定幸さんの実績のwiki風まとめ
  3. 山田定幸さんの年収(収入)が気になる
  4. 山田定幸さんの所属ジムはどこ?

プロフィール

出典:WOZボクシングジム

生年月日:1995年2月21日

血液型:A型

出身地:京都

1.山田定幸さん、彼女はいるの?

山田定幸さんは23才のプロボクサー。

小学校低学年のときに

いじめを受け、不登校に。

その後、小中と引きこもっていましたが

17才の時に出会った

漫画「はじめの一歩」の影響で

ボクシングに興味をもったとのこと。

それを、足しげく家庭訪問してくれた

恩師・野川晋司教諭に相談したところ

ボクシングジムを紹介されたとのこと。

そこから立ち上がった

山田定幸選手も凄いですが、

この先生も凄いですね(T-T)

そこからアルバイトなどをしながら

プロデビュー!

調べてみましたが今のところ、

トレーニングやアルバイトで忙しく

色恋沙汰とは無縁の

ストイックな生活をしていると

思われます。

2.山田定幸さんの実績のwiki風まとめ

山田定幸さんは

バンダム級です。

所属ジムのサイトをみると

山田定幸さんの戦歴は

3戦3敗と

今のところ一勝もされていません。

最近ですと2018年の3月18日、

グリーンツダ所属の高埜響選手に

惜しくも判定2-1で負けています。

ただ、

デビュー戦が2016年8月で

まだ3戦しかしていないので、

これから怒濤の巻き返しが

来るのでは、と

個人的には思っています。

座右の銘が

百折不撓..

幾度失敗しても

志をまげないこと。

なので

これからの活躍に

期待です!(*^^*)

スポンサーリンク


3.山田定幸さんの年収(収入)が気になる

山田定幸さんの年収については

詳しいことは分からなかったので、

一般的なボクサーの収入について

調べてみました。

ファイトマネーの相場は、日本ランカー(10位以内の選手)で30万〜100万円。A級ボクサーで15〜50万円、B級ボクサーで10〜30万円、C級ボクサーで5〜10万円。新人のC級ボクサーで3〜4万円といわれています。

このファイトマネーから年収を推定すると、A級ボクサーでも200万円以下、B級ボクサーで150万円以下、C級ボクサー50万円以下という計算になります。

出典:キャリアガーデン

うーん、厳しいですね。

ボクシングで生活しようと思うと

日本チャンピオンクラス以上に

なる必要がありそうです。

世界チャンピオンになると

ファイトマネーが1000~5000万になり

スポンサーもつくので

かなり潤った生活が出来ますが、

大半のボクサーは

ファイトマネーだけでは生活できず、

アルバイトなど掛け持ちで

やっているようです。

山田定幸選手も

アルバイトなどされてそうですね。

いつかこの下積み時代を

懐かしく思い出すときが

来ると良いですね。

4.山田定幸さんの所属ジムはどこ?

山田定幸さんの所属ジムは

京都市西京区にある

WOZ(ウォズ)ボクシングジムです。

先にも述べたように

恩師が紹介してくれた、ということで

意外と近場なところでしたね。

身近なところで、

こうして才能を伸ばしてくれる

環境があったというのは、

幸運でもありますし、

同時に本人の想い・努力も

強かったことと思われます。

会長の大森昌治氏は

山田定幸さんについて

「後ろ向きな性格だったのが、

うそのように前に前に行く」

と、その人柄や多彩なパンチを

買ってらっしゃいます。

辛い経験をしているからこそ

色々な有り難さを感じ、

その恩に報おうとされている姿に

ジーンときてしましますね(T-T)

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

引きこもりからの逆転人生、

プロボクサーの山田定幸さん。

人間、きっかけがあると

こんなにも変われるんだ、と

その生きざまに勇気をもらえますね。

たぶん、色んな人に応援されながら

これから益々活躍されていくと

思われます。

今後の活躍に期待しています!

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする