立命館大学生の杉田江口が自転車で北米大陸横断旅!チームアラスカの大冒険に迫る!!

スポンサーリンク

こんにちは!

マダム・アフロです。

皆さんは自転車、好きですか?

アフロは今はママチャリ専門ですが、

昔はロードバイクに乗っていたこともあり

実はハワイで100マイル走った経験者でもあります。

(Honolulu Century Ride)

自分でも良くやったなぁ、と思いますが

・・・甘かった。

世の中にはもっともっと凄い若者がいました!!

それが今回紹介する

立命館大学大阪いばらきキャンパスの

杉田親次朗さん(写真右)と江口祥平さん(同左)。

出典:いばジャル

お二人は「team ALASKA(チームアラスカ)」を結成し、

2018年4月9日、冒険へと旅立ち、

現在絶賛北アメリカ横断中です!(゜Д゜)

茨木の大学生2人が、

北アメリカ大陸・北極圏から

ニューヨークまでの約2万kmを

自転車で旅する!!

今回は、そんな無謀な

チャレンジ精神あふれる冒険に踏み出したおふたりと、

そこに至るまでの経緯、

そして2人の冒険が覗ける場所を

紹介したいと思います♪

目次

  1. 北アメリカ大陸自転車横断に挑む立命館大学生・杉田親次朗と江口祥平
  2. team ALASKA(チームアラスカ)の北アメリカ大陸自転車横断実現までの経緯
  3. team ALASKA(チームアラスカ)の北アメリカ大陸自転車横断旅はどこで見れる?

スポンサーリンク

1.北アメリカ大陸自転車横断に挑む立命館大学生・杉田親次朗と江口祥平

北アメリカ大陸大冒険に挑むのは、

立命館大学(大阪いばらきキャンパス)の

経営学部杉田親次朗さん

政策科学部江口祥平さん

2人とも4回生ですが

学校を休学してこの旅に

出ている模様です。

杉田親次朗さん

出典:三島コーポレーション

杉田親次朗さんは広島県出身。

現在は大阪に住みながら大学に通っています。

釣りや登山など

アウトドア全般が大好きとのこと。

自転車旅を始めたのは

高校1年のとき。

今までも国内様々な場所を

自転車で巡っています。

ついには日本では物足りなくなり

「日本を飛び出して世界を走りたい!」と

2017年の夏頃に

北アメリカ大陸大冒険を決意。

行動にうつしました。

江口祥平さん

出典:三島コーポレーション

一方の江口祥平さんは兵庫県尼崎在住。

高校卒業後すぐにワーホリを取得し

オーストラリアへ飛ぶという

フットワークの軽さ!

現地では日本料理店、農場で働くことで

何とか1年食いつないだとか。

サバイバル力も抜群ですね!!(゜Д゜)

帰国後には冒険に積極的となり、

ベトナム縦断、北海道・沖縄自転車旅など

数多くのチャレンジを成功させた

実績を持っています。

2.team ALASKA(チームアラスカ)の北アメリカ大陸自転車横断実現までの経緯

さて、

「自転車で北アメリカを横断したい」!と

決意をしたまでは良かったものの、

そのチャレンジのためには、まず

何より資金が必要!!

航空券・荷物輸送費、

食費、キャンプ宿泊代、

海外旅行保険料やメンテナンス代など、

計算していくとその額

約150万円!

さらには現地の物価の高さを考えると

さらに30万円は欲しいところ。

2017年11月末時点で

貯金額は10万円でした…

orz

・・アルバイトだけでは足りません(;´Д`)

うん、やっぱり先立つものがないとね^_^;

そこで協賛を得るために企業へ出向いたり、

クラウドファンディングを

利用した杉田さんと江口さん。

丁寧な計画と2人の熱意を企画書にまとめ、

企業を訪問。

なんと10社以上から

協賛を得ることができました!!

これって凄いことですよね!

アメリカ横断も凄いけど、

その実現のために奔走した

この期間の試行錯誤や経験って

彼らが大人になったとき

大きな勇気と支えになると思います。

うーん、どうやったらこんな

企画力と行動力のある男子に

育つんだろう。。

子育て中のアフロには

そこが気になって仕方ありません!!

そんな中で生まれたのが

「team ALASKA(チームアラスカ)」

という冒険家チームと

緑色の鮭のぬいぐるみ「サーモン隊長」!!

出典:アラスカへ行きたい

サーモン隊長は何気に

チームアラスカのリーダーのようです。

実質3人(2人と1匹)メンバーですね。

ちなみにぬいぐるみは

杉田さんの手作りのようです(*゜∀゜*)

この旅を通して

「チャレンジすることの大切さ」

伝えたいチームアラスカ。

今回の冒険では、

病気などで長期入院している子どもたちに、

外の世界を感じられる情報発信をすることが

もうひとつの大きなミッションとのこと。

その企画として

子どもたちのかわりとなる

ぬいぐるみも同行しています!!

出典:あらすかスタート!

これは素敵ですね-!!

自分の分身が世界を旅しているのをみて

勇気づけられるであろう子どもたち。

子どもたちのためにも

是非是非このアメリカ横断大冒険

無事に渡りきって欲しいものです(*^_^*)

スポンサーリンク

3.team ALASKA(チームアラスカ)の北アメリカ大陸自転車横断旅はどこで見れる?

チームアラスカの旅は

この4月末に始まったばかり。

行程の予定は

アンカレッジをスタートして

フェアバンクスから南下。

バンクーバー、ロサンゼルス、

ラスベガス、アルバカーキ、

シカゴなどを経由して、

ゴールのニューヨークまで約2万km!!

約1年かけて自転車で走行する計画です。

そんな、チームアラスカが

発信しているブログは2つ。

杉田さんの「あらすかスタート」

江口さんの「ショータイムブログ」

リアルな心の叫びが

綴られています(*^_^*)

サーモン隊長や

同行してるぬいぐるみたちの様子も

気になるところですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

男のロマンを地でいく

立命館大学生

teamALASKA(チームアラスカ)の

杉田親次朗さんと江口祥平さん。

北アメリカ大陸を自転車で横断する

ということもモチロンですが、

そこに至るまでの念密な計画と実行力も

本当に素晴らしく、

日本の若者もまだまだ捨てたもんじゃないな、

と感動してしまいます。

杉田さん手作りのサーモン隊長始め、

子どもたちの夢を乗せたぬいぐるみたち、

そして自らの夢も自転車に乗せて、

1年後無事に戻ってきて欲しいですね。

2019年まで応援したいと思います。

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 江口祥平 より:

    team Alaskaの江口です。たったいま拝見させていただきました。
    記事にしていただきありがとうございます!
    引き続き自転車旅頑張っていきます!

    • Madam-Afro より:

      江口祥平さま

      コメントありがとうございます!!
      本人からのコメントなんて、
      めっちゃ嬉しいです(T^T)

      男の子を持つ母として、
      こういう生き方が出来る日本男児がいることは
      なんか凄く感動して、勇気をもらいました。
      やってはることは本当に凄いことです。
      胸をはって楽しんで下さい。

      旅はまだ始まったばかりで
      色々大変なこともありそうですが、
      身体に気をつけて頑張って下さいね!!
      日本で待ちながら、
      応援しています~!!(*^_^*)ノシ